お電話でご注文・お問合せ フリーダイヤル0120-482-882 初めてのお客様へ ご利用案内 よくあるご質問 会社案内・特定商取引法の表記 文字サイズ
海鮮直送 旨い!牡蠣屋
旨い牡蠣屋トップページ 商品一覧 店長の部屋 お客様の声 牡蠣のむき方 牡蠣レシピ お問合せ 買い物かご

トップページ >牡蠣レシピ目次 > 牡蠣キムチ鍋

 

 牡蠣キムチ鍋

牡蠣キムチ鍋

キムチの辛さや酸味は、胃を刺激して食欲を増進させるとか
ちょっと発酵がすすんだ酸っぱいキムチを使って、鍋に入れる前にさっと炒めるのが本場の味に近づけるポイント!(だそうです。)
ごま油で炒めると辛味がまろやかになり子どもでも食べやすいようで、またコクもでて良い感じです。
寒い日には温まりますよ。


■材料(4〜6人分)
むきみ牡蠣 20〜30個程度
白菜キムチ 200g
豆腐 1丁
野菜( 白菜、ニラ、えのき、ねぎ、もやし、しめじなど適宜)
だし昆布(5×15センチぐらい) 
春雨 50g
ゴマ油(
調味料A(鍋つゆ用)
コチュジャン:大さじ2、醤油:大さじ1、砂糖:小さじ1、にんにくおろし:小さじ1
調味料B(牡蠣下味用)
にんにくおろし:小さじ1、酒:大さじ1、醤油:大さじ1

1.牡蠣の下準備

海水よりも薄い塩水で牡蠣を洗い汚れ・ぬめりをとりざるにあげて水を切ります。  
調味料Bで下味をつけます。

2.昆布でだしをとります

鍋に水をカップ8入れ軽く表面を拭いた昆布をいれます。  
15分から20分ぐらいして昆布がやや柔らかくなったら火にかけます。  
沸騰する直前に昆布を取り出し一度火を止めます。  
沸騰してしまうと、昆布のぬめりなどがでてくるので×

3.野菜などを切り下ごしらえします

白菜キムチは汁を絞り一口大に切ります。
汁は捨てずに鍋つゆにいれます。
他の野菜などを食べやすい大きさに切ります。  
火の通りにくい物は下茹でしておくと良いでしょう。  
春雨は熱湯で1分ぐらい浸し固めに戻し食べやすい大きさに切ります。

4.キムチを炒めます

ごま油大さじ1を熱したフライパンに入れ、キムチを炒めます。

5.土鍋に入れて煮ます

2のだしに調味料Aを入れ煮立たせます。  
煮えにくい野菜から順に入れ、4のキムチを入れます。  
ぐつぐつと煮立ってきてから1の牡蠣を加えます。  

牡蠣は鍋つゆが沸騰してからいれます。ぬるいうちに入れると生臭みが出ます。

野菜から出る水分でつゆが薄まるようなら、醤油、コチュジャンなどを適宜足します。
締めはご飯と溶き卵を入れてクッパにしても美味しいですね。


このレシピは「サロマ湖産 むきみ牡蠣」を使用して作成しました。
牡蠣料理のレシピを始め、牡蠣にまつわる話や
お買い得情報などをメールマガジンでお届けします!
(配信:不定期、 登録解除はいつでも可能)

友だちに教える

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る