お電話でご注文・お問合せ フリーダイヤル0120-482-882 初めてのお客様へ ご利用案内 よくあるご質問 会社案内・特定商取引法の表記 文字サイズ
海鮮直送 旨い!牡蠣屋
旨い牡蠣屋トップページ 商品一覧 店長の部屋 お客様の声 牡蠣のむき方 牡蠣レシピ お問合せ 買い物かご

 

トップページ > 北海道温根沼(おんねとう)産 殻付生牡蠣

北海道温根沼産 殻付き牡蠣

厳寒の温根沼(オンネトー)で育つ美味しい牡蠣です!

北海道知内産 殻つき牡蠣

北海道オンネトー産の牡蠣は、11月〜12月、6月〜7月のみ漁が行われます。
真冬の間は湖に氷が張り、その氷の下でじっくりと育ちます。
冬の結氷前と夏の産卵前にぷっくり太った牡蠣を出荷しています。

汽水湖の温根沼(オンネトー)で育つ牡蠣

温根沼(オンネトー)は、北海道道東の根室半島の付け根の所に位置します。
すぐ西には国道を挟んでラムサール条約に登録指定されている湖沼地帯の風連湖もある自然豊かな地域です。

オンネトーの牡蠣

根室湾から入り込んだ潟(せき)湖である温根沼(オンネトー)は、干満により海の水が入り込み淡水と入り混じる「汽水湖」で甘みと塩みのバランスのとれた美味しい牡蠣が育つ産地です。
また、「冬は結氷すること」「干満の差が大きいこと」などの厳しい条件が重なることで、牡蠣が鍛えられ旨みの強い牡蠣となります。

冬の結氷前と、初夏の産卵前だけの限定出荷

北海道知内産 殻つき牡蠣
牡蠣のシーズンを迎える初冬には、水温もぐっと下がり美味しさのもととなる「グリコーゲン」を蓄えはじめます。
初冬の頃の牡蠣は、少し小ぶりですが甘みや旨みが強いので生食がオススメです!

本格的な雪解けを迎える4月ごろから水温があがり、夏の産卵期に向けてさらに身が段々と太っていきます。

大きさの目安

温根沼の牡蠣の大きさ

Lサイズ  大人の女性の手のひらより少し小ぶりな位の大きさです。

わずか10数名の漁師さんが育てている希少な温根沼の牡蠣

北海道知内産 西村さんの育てる殻つき牡蠣

1.身入りの良いものだけを出荷しよう!
2.お互いに身入りのチェックを行おう!
3.1つずつ手洗いし、きれいな姿の牡蠣を出荷しよう! 

と、漁師さん同士で3つの取り決めをしています。
一つずつ殻の周囲を削って綺麗に磨いてから出荷しています。

温根沼で牡蠣を育てる漁師さんは、漁場全体でも10数名しかおらず、大変希少な牡蠣です。

商品規格
採取海域 北海道根室湾海域 温根沼
生食の可否 生食用
消費期限 発送日から4日間
!生ものですのでお早めにお召し上がりください。
保存方法 10℃以下で保存してください
発泡ケースで保存する場合、ケース内に袋づめした氷や蓄冷剤などを入れ涼しい場所で保存してください。
冷蔵庫で保存する場合、乾燥に弱いので濡れタオルなどを被せて保存してください。
牡蠣は生きていますので、密閉容器やラップなどで密閉することは避けてください。
!すぐに食べきれない場合
フライなどの衣をつけてから冷凍保存→解凍せずに油調理できます。
殻ごと一つづつ保存ジッパー袋などに入れて冷凍→冷蔵庫内でゆっくりと解凍するとドリップがあまりでません。食べる際は必ず加熱調理します。
配送について クール冷蔵便  日にち時間帯指定: 日にち・時間帯指定:可能
付属品など カキナイフ、パンフレット(剥き方ガイド)
サイズについて 殻付きの大きさ
Mサイズ  120g未満(殻付の重さ)
Lサイズ  120g以上(殻付の重さ)

11月〜12月の湖が凍る前と、5月から7月中旬ぐらいまでの期間限定出荷です。

産地の出荷体制の都合により、月曜日、火曜日のお届けはできません。

 

北海道温根沼(オンネトー)産 殻つき生牡蠣 (牡蠣ナイフ付き)

サイズ 入り数 税抜価格  

殻付きの重さ
120g未満
20個 4,780 円出荷状況
30個 6,380 円出荷状況
50個 9,780 円出荷状況

殻付きの重さ
120g以上
20個 5,480 円出荷状況
30個 7,680 円出荷状況
50個 12,480 円出荷状況
価格は税抜き価格表示です。消費税分はレジで精算させていただきます。

レジへ進む  お買い物ガイド  商品規格を確認する
ファックス注文はこちら

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る